反抗期の対応ガイド

反抗期ガイドブック感想

 

できることから、やってます!

 

一番に頭に飛び込んで来たのが『○○○は変わる』という部分でした。まさにその通りです。

 

私はそれが病気なのではないかと真剣に悩み、診療内科に連れて行こうかと悩んでいたのです。

 

確かに長男だから厳しくしたこともあり、母子家庭だから我慢をさせたりもしましたが、

 

この子の反抗は、甘えるべき時期に甘えることができなかったからだと確信しました。

 

まだまだ手探りではありますが、早速息子の○○○を紙に書き出して、毎日声に出すようにしています。

 

身近なところから始められて、なおかつ今からでも遅くないんだなととても安心しました。

 

変化が見られたらまた連絡させていただきます。

 

ありがとうございました。

 

埼玉県 Kさん  お子さん 中学3年

 

 

できることからやってみるのが、一番いいですね。

 

 

  思わず泣いてしまいました。

 

とても充実の内容なので驚きました。コーチングの勉強もされてるんですね。

 

私もコーチングに興味があって本を読んだりしたのですが、

 

コーチングを踏まえての子育ての具体的な対応が細やかに書いてあるので本当に助かります。

 

自分が子供の時、親に言われたりされて嫌だった事は

 

なるべく子供にしないように心がけていますが、ついつい生活の中で言ってしまいます。

 

やはり一番多いのは「勉強しなさい」「もっと勉強しなさい」だったり(笑)

 

でもここまで子供の心を慮って親が対応しなくてはいけないのかしら・とも正直思いました。

 

内容をよく理解して後はその家庭でアレンジしてもいいですよね。

 

ただ知っているのと知らないのでは とっさの対応が違うと思います。

 

我が家は中1の男の子ですが 今年に入ってがらっと変わってきました。

 

その日その日でも違うのですが 自己主張が始まりました。

 

よそのお子さんと比べると まだ素直で幼いところがあると思いますが

 

大人の男に成長してるな〜と頼もしいような寂しいような。

 

折に触れ読み返して指針としていきたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

神奈川県 Sさん  お子さん 中1男子

 

 

そうですね。「全部やらなくちゃ」と思わなくて大丈夫です。ご家庭でアレンジしてくださいね。

 

 

  具体的でわかりやすい!

 

誉めよう、共感しよう、ということは頭ではわかっておりました。

 

しかし、「○○○を変えようとしても無理」ということがわかっていなかった。

 

ガミガミ言って変えようとしていました。

 

やる気まんまんの息子に!ありえないですね。

 

自分の中の潜在意識にうちの息子は自己否定があったのですね。

 

 

自分のこどものいいところですが、○○○とてもよかったです。

 

最近あちらこちらで、否定することばかり話していたもので、再認識できました。

 

そう、本当は沢山いいところのある息子なんです!

 

○○○するとと、気持ちが楽になりました。

 

それに、誉めなければいけない、いけない、とばかり思っていて、

 

「天才なんだから」とかまったくダメな誉め方をしてました。

 

 

アファメーションはとっても参考になります。

 

一日最低一回は目にする場所に貼っておくなら、忘れませんよね。

 

私も娘(小2)も含めて3人でをアファメーションを今日書いてやってみようと思います。

 

 

叱り方も難しいなぁ、と思っていました。

 

色々な誘惑もああり、色々なことに興味がわく年頃です。

 

どこまで許してどこから、ストップかけるかも悩んでました。

 

でも、この叱るとき、を絞って決めておくといいな、と思いました。

 

いちいち悩む必要がないからです。

 

 

言い方も考えなくてはいけませんよね。

 

私はフルタイムで働いているので疲れているし、時間もないしで、

 

「早くしなさい!」「何やってるの!」と怒鳴ることがよくあります。

 

でも改善されません。

 

今朝は、「7時45分に家をでるんだよ。今何時何分?」と言ったら、サクサク準備していました。

 

毎日のことですから、また言い方を変えなくてはならないでしょうけど、ちょっと嬉しかったです。

 

 

ゲームのことも参考になりました。

 

PCのゲームにはまっていて、いくら言ってもやめません。

 

でもルールを守らないなら

 

もうPCは使えないようにします。携帯ももう止めてもいいですもんね。

 

 

最近ずっと息子を否定してしまっていたことを申し訳なく思いました。

 

大切な大好きな息子なのに。。

 

大好きだってこともきっと伝わってないでしょうし。

 

ガミガミ怒りすぎていましたから。

 

上の息子の反抗がすごいもので、このガイドブックは息子中心に読んでみました。

 

しかし、下の娘はよく、「お兄ちゃんばっかり」って言います。

 

娘にも、私が大好きで大切だって思っていることが伝わっていないんですよね。

 

どうやって私の愛情を二人に伝えるか、

 

そのテクニックを教えていただけて嬉しいです。

 

今日から今までのことを反省して頑張ってみます。

 

 

一つ一つが具体的で、とってもわかりやすかったです。

 

「共感しなさい」「誉めなさい」はよく育児書にも出ています。

 

でも、その具体的な例がないので、間違ってやっていました。

 

自分も「お母さん、今日の弁当美味しかったよ!」なんて言われると、

 

明日のお弁当も気合いが入ります。

 

それと一緒なんですよね。

 

そんな例もストーンと心に落ちてきました。

 

 

いいきっかけを与えてくださってありがとうございます。

 

へたくそな文章ですみません。

 

 

      長崎県 Kさん  お子さん 小2 女子 中1 男子

 

反抗期対応ガイド感想関連ページ

特定商取引法の表示

HOME 喜びの声 非行・不登校になったら 特定商取引法表示